リフォームプラン


直貼防音フローリング 乾式二重床
 
階段・トイレ


高齢者の寝室は、1階にあるのが理想的ですが、 階上にある時は、階段を上り下りしなくてはならないので、 手すりをつけたり、踏面に滑り止めをつけると良いでしょう。
足元の段差が確認できるように常夜灯をつけると安心です。
その他にも、ホームエレベーターや階段昇降機を設置することで 2階へ上がることも楽になります。

高齢者にとってトイレでの立ち座りは、負担が大きいものです。
和式から洋式にかえ、立ち座りの両方に対応できるL字型の手すりをつけ、 車椅子を入れて介助動作のためのスペースがあると良いでしょう。
また、トイレは、寝室に近いところにあると便利ですね。

 
バリアフリー

バリアフリーとは、障害者をふくむ高齢者等の社会生活弱者が社会生活に参加する上で、 生活の支障となる物理的な障害や精神的な障壁をとり除くための施策、 または具体的に障害をとり除いた状態をいいます。

段差(玄関)
外から家に入るときや家から外にでるとき、段差や階段があると車椅子の人は、 誰かの手を借りなければなりません。 玄関は段差をなくし、スロープにするといいでしょう。
玄関内には、上がりまちがあります。この段差が大きい場合は、踏み台を使いましょう。

ドア
ドアは、引き戸になっているといいですね。 そして、軽いものなら少ない力でも開け閉めできるので便利です。 引き戸は、手の力が弱い人のほか、開き戸と違って、 一度、後ろへ下がる必要がないので、 車椅子使用者にも使いやすくなっています。

段差(屋内)
和室は、洋室よりも床が高くなっています。和室の床を下げるか、 洋室の床を上げるかの方法で段差を解消しましょう。 「踏み板」を段差部分におくこともよいでしょう。 5mmを超えると、つまずきの原因となりので気をつけましょう。

廊下
廊下の幅は、車椅子一台が壁にぶつかることなく通れる広さが必要ですね。

また、手すりがあると安全です。 寝室からトイレまでの経路に照明をつけると夜間の移動も安全です。

浴室・脱衣所・選択
洗面・脱衣所いは、椅子をおいて、座ったまま洗面や服の脱ぎ着ができるように、 洗面台は、洗面カウンター形式のものが便利です。
さらに、すべりやすい浴室は、床やバスタブ内にすべり止め防止の素材を使うなどして、 出入り口は、段差を解消することも忘れずにしましょう。

 
シックハウス



屋内空気の汚染源の一つとしては、家屋などの建物の建設や 家具製造の折に利用される接着剤や塗料などに含まれる ホルムアルデヒド等の有機溶剤、 木材を昆虫やシロアリといった生物からの食害から守る防腐剤等から発生する 揮発性有機化合物(VOC)があるとされています。 また、化学物質だけでなく、カビや微生物による空気汚染も原因となります。
対策としては、 (1)建材や家具、日用品などから発散する化学物質を減らすこと、 (2)換気設備の設置。天井裏換気システムや床下換気システム等の設置 が有効です。
 
ユニバーサルデザイン


ユニバーザルデザインとは、「すべての人々に対し、 その年齢や能力の違いにかかわらず、大きな改造をすることなく、 また、特殊なものでもなく可能な限り最大限に使いやすい製品や環境のデザイン」です。
高齢者や身障者等生活弱者などへも使いやすくやさしいデザインです。
自動照明システム、水道蛇口、家具転倒防止などへの配慮などが利用されています。


具体的な事例としては、シャンプー容器、コップ、食事につかわれるフォーク等、 歩行補助器、トイレ、エレバーター等が利用されています。

 
次世代省エネルギー基準



窓の断熱改修では、複層ガラス等が対象となります。
壁・天井等の改修では、難燃性の発泡スチロール等